コツをおさえた勉強のやり方を指導し、やる気と自信を引き出す家庭教師。家庭教師のデスクスタイル兵庫県版。

TOP > 兵庫県公立高校入試問題出題傾向 > 社会

社会

兵庫県公立高校入試問題出題傾向|社会

<入試問題の構成>

21年度社会の兵庫県の入試問題は大問四問で構成されています。
、そのうちの1問は地理の選択問題となっています。
全体的には記述式の問題が多い傾向にあるが、
問われている事に対して選択して答える問題もあります。
また、グラフや図を使って問う問題も多々出題されています。

<出題内容>

第一問:東南アジアの地理や日本の水産業に関する問題。
第二問:古代から戦後にかけての日本と世界の交流に関する問題。
第三問:日本の経済や政治と庶民の生活との関係に関する問題。
第四問
A:地図を用いた知識問題。
B:表とグラフを用いた考察問題と知識問題。

<対策>

社会は日本史と地理と公民の3つの分野から出題される。
よって、それぞれにあった勉強をして、
どの分野も全体的に入試対策をする必要がある。
また、全体的に絵や表、グラフを用いた問題が多く出題されるので
普段から教科書にある絵や統計図を意識して見ておく必要がある。
教科書に出ていた全く同じ絵や図を使われるケースもよくあるので
しっかり目を通しておけば受験の時に落ち着いて試験にのぞめる事もあります。
また、参考や息抜きとして新聞やニュースを見て、
社会に関心を持つもの一つの入試対策となると思われます。

家庭教師一日無料体験学習のお申し込みはこちら

ページトップ