コツをおさえた勉強のやり方を指導し、やる気と自信を引き出す家庭教師。家庭教師のデスクスタイル兵庫県版。

TOP > 兵庫県公立高校入試問題出題傾向 > 国語 > 兵庫県公立高校入試問題出題傾向|国語

国語

兵庫県公立高校入試問題出題傾向|国語

<入試問題の構成>

21年度国語の入試問題は大問四題で構成されており、
そのうち1題は現代詩と漢詩の選択問題であった。
その他三題は現代文の読解問題と古文の問題で構成されている。
心情や因果関係を聞く問題だけでなく、漢字を問う問題や抜き出し問題もある。

<出題内容>

第一問:現代文の評論問題。内容理解を中心とし、抜き出しや要約問題などがある。
第二問:現代文の小説問題。心情を読みとる問題が多い。
第三問:古文。現代語訳や抜き出し、読解問題が中心。
第四問:
A:現代詩。抜き出しや読解が中心。
B:漢詩。心情読み取りが中心。

<対策>

国語のテスト対策としては、まずは漢字や語彙など確実に点を取れる所を
増やす事。また、文章を早く正確に読むために新聞を読むことも良い入試対策
となるだろう。その際、書かれていることを要約しながら読めば効果は倍増する。
心情把握には短編小説などを読み
出来るだけ、客観的に心情を掴む練習をしたほうがよい。
自分で短い文章を作るのもよい。
自分で作る作業は読解力を付ける上でとても勉強になるし
国語の回答を作る力も付くのでやってみるととてもいいです。

お電話での家庭教師に関するお問い合わせはコチラから

兵庫県で家庭教師の体験学習希望の方はコチラ

ページトップ